乳首悩みにワセリンは有効か?

乳首のかゆみや痛みの問題を起こす原因になることが多いのが乾燥です。この乾燥対策に、ワセリンを塗ると効果的だという話があります。ワセリンというのは、赤ちゃんにも使用できるように低刺激に作られた保湿剤です。ワセリンは薬局やドラッグストアで販売がされていますから、入手も簡単ですし、全身のどこにも使うことができる大変便利なものです。

 

保湿剤ですから、乳首の乾燥対策としても有効に使うことができます。しかし、もしも乳首の黒ずみをケアしたいという場合なら、ワセリンのみではある程度の予防効果しかないので、専用の化粧品と組み合わせた方が良いでしょう。

 

ワセリンの効果は、皮膚の上にフタをして皮膚内の水分の蒸発を防ぎ、保湿をするという効果です。ですから、肌細胞の保水力を上げて根本的な改善を図るようなものではありませんから、保湿の観点からも化粧品との組み合わせが良いでしょう。

 

化粧品は細胞の保水力を上げるための成分や、美白効果、肌質を良くするための成分を多く含みます。しかし、できれば、黒ずみの問題やかゆみを解決するために有効な、乳首専用のローションやクリームを使うのが最もよい方法です。ワセリンはあくまで保湿効果だけが必要な場合や、肌質の問題でそういった化粧品が使えないときに用いるのが良いでしょう。

 

専門に作られたものはやはり刺激の面でも効果の面でも違いますので、より良い効果を期待することができます。ワセリンと比べると、どうしても高価になってしまいますが、お悩みの改善を願うのであれば一度試してみてはいかがでしょうか。