ビタミンC誘導体が配合されているクリームで正中線ケアをする

この妊娠線の場合は、ケアの方法もたくさん紹介されていることが多いですが、妊娠線と比べると正中線は取り上げられることが殆ど無いように思えます。妊娠線ができてしまわないように普段からケアをしっかりしている妊婦さんも少なくありませんが、正中線に関してはインターネットで調べてみてもなかなか紹介されていないことが多いです。この正中線というのは、出産前までしっかり対策をしておくことで、ある程度目立たないようにしていくことが可能になります。

 

妊娠線と正中線の違いとは?
正中線の場合は、あくまでも妊娠をしたら目立ってしまいやすいだけであり、元々体の中央を縦に通っているのです。例えば、鼻の下に溝のようなものができたり、あごに割れ目ができてしまっていたりするということが多いですよね。

 

ですから、お腹から誕生した時には実はすでに正中線はできているものなのです。ですが、どうして妊娠している女性だけ、正中線が出来やすいのかというと、妊娠して数ヶ月の間にとてもお腹が大きくなるからです。

 

また、妊娠線の場合は、皮膚の伸びの限界を通り越してしまい、肌細胞が裂けてしまうことが原因です。短期間で体重が一気に増える場合でも、肌細胞が断裂してしまうというケースもありますが、大体の場合は妊娠して断裂するケースが殆んどです。なお、細胞の断裂によって妊娠線ができるわけですので、ずっと線が残り続けてしまったり、妊娠線周りが痛くなってしまったりすることもあります。

 

正中線はケアをしなくてはいけないの?
妊娠線の場合は、妊娠線予防クリームを使うことで、ある程度予防をしていくことが可能です。ですので、妊娠して中期くらいになってからクリームで対策をしているという妊婦さんは少なくありません。このように妊娠線の場合は予防クリームがあるのですが、正中線は専用クリームがあるわけではありません。そもそも正中線というのは生まれた時にはある線ですし、妊娠をしている時にははっきりと遷都して浮かび上がっていても、産後しばらくすると肉眼でもわからなくなっていくものです。

 

妊娠して、線が茶色くはっきりと浮かび上がってしまうのは、メラニン色素が細胞に沈着してしまっていることが原因です。妊娠をする前と比べると、メラニン色素の生成量が増えてしまうことで色素沈着が起きてしまうのですが、これは子宮で順調に退治が成長するようにプロゲステロンというホルモンの分泌が活発に行われているからです。このプロゲステロンの働きの一つにメラニン色素の生成を促す働きがあるのです。これは元々女性が持っている働きの一つになっていますから、予防方法がないのです。